ブログ

CONTACT お問い合わせご相談はお気軽に!052-959-6680

メールでのお問い合わせ

新着情報

設備導入ランキング

ブログ

アメブロ

管理会社様をサポートします!

管理会社様ページへ

株式会社エーツーデコア

名古屋市中区丸の内3丁目4-30
クエスト丸の内4F西側
TEL.052-959-6680
FAX.052-962-1611

  • 会社概要
  • アクセス

スタッフ紹介

HOME > ブログ > たとえば僕が泥棒だったら

ブログ

2019/08/26
たとえば僕が泥棒だったら

そろそろ時効なんじゃないかなと思うので書きます。

 

相変わらず防犯カメラの注文を頂くことが多いです。

防犯カメラの商談をさせて頂く際には、必ず防犯カメラの提案書というのをお持ちしています。

アパート・マンションの簡単な図面に、防犯カメラの設置場所とその映像を貼りつけた資料をお持ちするのです。

図面はエクセルでこしらえて、防犯カメラの設置場所は現地をくまなく歩いて提案場所を決めます。

 

防犯カメラの設置場所を決めるときに自分なりに重要にしているポイントがあります。

それはたったひとつ。

 

 

『たとえば僕が泥棒だったらどうするか?』

 

 

この一点につきます。

やはり泥棒の視線で何か犯罪を犯すに当ってどこにカメラがついていたら嫌なのかを考えることが大事だと思うのです。

例えば僕が泥棒だったらどうするか?何が嫌か?

そんなことを一生懸命考えながら、ひたすら建物の周りを歩き回ります。

 

たとえば僕が泥棒だったら・・・

たとえば僕が泥棒だったら・・・

たとえば僕が泥棒だったら・・・

 

そんなことを考えながら一生懸命建物の周りを歩いていたら・・・

 

 

よっぽど怪しかったのでしょう。

 

 

 

職務質問されました。

どうやらマンションの住人に、怪しい奴が建物の周りをうろうろしていると通報されたようです。

 

もちろんお巡りさんには事情を説明してすぐにわかっていただけました。

写真撮ってブログに載せていいですか?と了承も得ました。

そのマンションにも無事に防犯カメラを設置していただけましたので無事にブログも書けました。

めでたしめでたしです。

 

おしまい。

 

 

 

 

 


 

アパート・マンション経営者様!
設備に関する事でお悩みの時はエーツーデコアにおまかせ下さい!

メールでお問い合わせ