ブログ

CONTACT お問い合わせご相談はお気軽に!052-959-6680

メールでのお問い合わせ

新着情報

設備導入ランキング

ブログ

アメブロ

管理会社様をサポートします!

管理会社様ページへ

株式会社エーツーデコア

名古屋市中区丸の内3丁目4-30
クエスト丸の内4F西側
TEL.052-959-6680
FAX.052-962-1611

  • 会社概要
  • アクセス

スタッフ紹介

HOME > ブログ > 緋色の研究

ブログ

2020/08/03
緋色の研究

子供のころ、小学校の3年生と4年生の時に自分の周りでは推理小説ブームが巻き起こっていました。

なぜ3年生と4年生と限定できるのかといえば、僕自身は転校の多い子供でしたので3年生と4年生の2年間在籍したその小学校で流行っていたのですが、その前の小学校とその後に転校した小学校では全く流行っていなかったので印象に残っているのです。

もしかしたらその小学校では僕が転校した後もずっと推理小説ブームが続いていたのかもしれません。

 

とにかくその小学校の時の仲のよい友達たちは競い合って推理小説を読んでいました。

江戸川乱歩の怪人20面相ものや、コナンドイルのシャーロックホームズものなどです。

その時は確かに面白かったような気もするのですが、今思うとよく読めてたなと思うのです。

特に印象に残っているのが「緋色の研究」というシャーロックホームズ物の第1作目の作品です。

もう40年も経っているのに印象に残っているのはお話とかではなく、物語のタイトルなのです。

当時の僕は「緋色の研究」の「緋色」という字が読めませんでした。

おそらく読めない漢字は飛ばして読んでいたのだと思います。

「なんとか色の研究」という名前で憶えていたので余計に印象に残っていたのかも知れません。

なのでストーリーも全く覚えているはずもなく、先日改めて読み返してみても新鮮に感じました。

130年以上も前に書かれている小説なのに新鮮なのです。

斬新なのです。今読んでも面白いのが驚きです。

 

 

なんとか色の研究。

 

今では読めます。

「ひいろの研究」です。

ただ40年も経っているのに、緋色が何かということを知りませんでした。

本のタイトルには英語で「A Study in Scarlet」と書かれています。

どうやら、緋色=スカーレットのようです。

スカーレットって、てっきり花の名前か何かと思い込んでいたのですが、実は色の名前だったのです。

ひとつ賢くなりました。とても賢くなりました。

ちなみに「緋色」というのは「やや黄色みのある鮮やかな赤」とのことで、太陽や火の色のことらしいです。

なるほど、少し前の朝ドラの「スカーレット」もそういうことですね。

焼き物の色、火の色、スカーレットです。

40年の時を経ていろんなことが自分の中で繋がっていきました。

子供のころに「緋色」という漢字が読めなくて印象に残っていたことが思わぬところで役立ちました。

 

多分、新型コロナの厳重警戒でライトアップされたテレビ塔も「緋色」なのではないかなと思います。

 

 

 

アパート・マンション経営者様!
設備に関する事でお悩みの時はエーツーデコアにおまかせ下さい!

メールでお問い合わせ