ブログ

CONTACT お問い合わせご相談はお気軽に!052-959-6680

メールでのお問い合わせ

新着情報

設備導入ランキング

ブログ

アメブロ

管理会社様をサポートします!

管理会社様ページへ

株式会社エーツーデコア

名古屋市中区丸の内3丁目4-30
クエスト丸の内4F西側
TEL.052-959-6680
FAX.052-962-1611

  • 会社概要
  • アクセス

スタッフ紹介

HOME > ブログ > ある奴隷少女に起こった出来事

ブログ

2020/08/20
ある奴隷少女に起こった出来事

本屋さんでめったにないジャケ買いをしてしまいました。

いつもはある程度好きな作家さんだったり興味のある分野の本だったりを買うのですが、珍しくジャケ買い。

見た目の雰囲気だけでの購入です。

ある奴隷少女に起こった出来事というタイトルの本です。

 

 

 

 

表紙の絵が気に入ったのでしょうか?

そういう部分もあると思うのですが、おそらく僕が惹かれたのは本のタイトルです。

 

昔懐かしい大映ドラマのタイトルのようなタイトルです。

いとうまい子主演の「不良少女とよばれて」と小泉今日子主演の「少女に何がおこったか?」のタイトルを足して2で割ってようなタイトルです。

そういう大映ドラマっぽさのタイトルにそそられたのだと思います。

 

ただ内容は大映ドラマとは全然違うものでした。

 

 

「不良少女とよばれて」は不良少女が更生する話ですし、「少女に何が起こったか?」は小泉今日子がピアニストを目指す話ですが、「ある奴隷少女に起こった出来事」はさすがに全然違うお話でした。

なかなかに恐ろしいです。アメリカ南部で法律で奴隷制度が認められている時代の実話です。

その奴隷少女が自分自身が奴隷制度から自由の身になるまでの話が描かれています。

当時の奴隷というのは、主人の財産であり生きるも死ぬも主人の思い通りですし、奴隷の子供も奴隷なのです。そして子供の奴隷は高く売れたりするのです。

なので自分の子供といえども、主人に勝手に売り飛ばされて離れ離れになってしまうことも日常茶飯事。

自分の子供といっても奴隷同士の結婚によって生まれた子供以外にも、主人が自分の財産を増やすためなどに望まない妊娠をさせられて産まされた子供もいたりするわけです。ひどい時代です。

 

最終的に、その少女は周りの人の協力なども得て自由の身になるのですが、それまでの展開で本当にその奴隷の主人というのがひどいことばかりする奴なのです。そしてその時代にはそれが法律的には正しいとされているのです。

 

読み終えた感想としては、「アメリカ人はやはりどこか信用ならん。」と思ってしまう本でした。

 

 

今日もなんだか薄い内容のブログですみません。

まだ今のところ誰にも気づかれていない様子です。

エーツーデコアは、設備リースを通じてオーナー様のアパート・マンション経営のお手伝いをさせていただく会社ですが、誰も気づいていないのをいいことに適当なブログを書いています。

多分そのうちには防犯カメラのことや宅配ボックスのことも書きます。

多分。

 

 

アパート・マンション経営者様!
設備に関する事でお悩みの時はエーツーデコアにおまかせ下さい!

メールでお問い合わせ